内祝いのマナー、しきたり|HYACCA

¥5000(税別)以上で送料無料

マナー・基礎編

マナー・基礎編

お祝いごととセットで語られる、内祝い。
いそがしい時期に
多くの方に用意するものだからこそ
今さら聞けないマナーやスケジュールを確認して
余裕を持って準備しましょう。

内祝いとは

意味を知る

内祝いとは、結婚や出産などのお祝いをいただいた後に「お返し」として贈るものです。

かつては、自分の家に起こったおめでたいことや喜びを親族やお世話になっている方にお裾分けとして自主的に贈りものをすることを指し、「お返し」という意味はありませんでした。

しかし、お返しとして内祝いを贈る方が増えたことで、現在では、本来の意味である「自主的にお世話になった方に贈るもの」ではなく「お祝いをいただいた後のお返し」を指すことが一般的となっています。

マナーを知る

お返しの意味合いが強いとはいえ「お返し」という言葉を相手に使うのは失礼にあたります。
内祝いに添えるお礼状などにも、そのようなことは書かないように気をつけましょう。

贈るシチュエーションや時期は、お祝いの種類により異なります。

例えば…
▼ 結婚内祝い
結婚式では「引き出物」がご祝儀のお返しにあたります。
もし結婚式にお招きできなかった方からお祝いをいただいたり、結婚式をしていない場合、または引き出物がお返しとして明らかに不十分な場合は、後日内祝いを贈ります。
いずれもお祝いをいただいてからできるだけ早く、1か月以内を目安にしましょう。

▼ 出産内祝い
出産祝いをくださった方へ、産後1か月後くらい(お宮参りの後)を目安に贈ります。
出産後は何かといそがしくなりますので、出産前からの準備をオススメします。

▼ 新築内祝い(引っ越し内祝い)
新しく家を建てたときや引っ越しをしたときに、お祝いをいただくことがあります。
こうしたお祝いに対しては、「新居に招く」ということがお返しになります。家にお招きして、おもてなしをすることで感謝の気持ちを表します。
予定が合わなかったり、遠方で自宅に招けない場合は、引っ越し後1か月を目安に内祝いを贈りましょう。

贈る品を知る

贈る品は引き出物に似ており、気軽に使えて好き嫌いの少ないものが好んで選ばれます。
定番はタオル、食器、有名店のスイーツなどですが、カタログギフトも人気が高いです。

ぴったりな品を「贈り分け」すると喜ばれますので、贈る相手の年齢や好み、家族構成に合わせて選ぶのがポイントです。

贈りものとして縁起がよくないと言われる品(刃物、割れやすい食器など)も今の時代は特に問題ないことが多いですが、年配の方は気にする方もいるので、配慮できるとベターです。

価格相場を知る

内祝いは「お祝い半返し」という昔からの習慣がありますので、いただいたお祝いの半分の金額を目安にすると良いでしょう。

贈られた品物の価格を調べることは失礼な行為のように感じますが、気持ちのよいお返しをするため、目安金額を知る上で必要なことです。

親族や上司より、予想以上に高額なお祝いをいただくこともありますが、その場合は、半額ではなく3分の1ほどでも大丈夫です。無理のない予算でお返しを贈り、後日改めて直接お礼に伺ったり、何かの折には写真を沿えて近況をご報告するなど、別の方法でも感謝の気持ちを表すと良いでしょう。

ワンポイントアドバイス

▼ 贈り忘れを防ぐために
お祝いをいただいた際には、いつ・誰が・何をくれたのかをリストにしておくことをオススメします。
また、「お祝いの金額」「住所」「連絡先」「披露宴に招待しているか」等も残しておくと後々の準備で慌てることなく、贈り忘れも防ぐことが出来ます。