引っ越し祝いの選び方、おすすめ|HYACCA

¥10,000(税別)以上で送料無料

マナー・基礎編

マナー・基礎編

住まいを変える方の
発展やご多幸を祈って贈る、引っ越し祝い。
日頃お世話になっている方の新たな門出にふさわしい
素敵なギフトで祝福しましょう。

引っ越し祝いとは

意味を知る

引っ越しをする相手に贈るギフトには「引っ越し祝い」と「新築祝い」があります。
どちらも 住まいを変える相手の新しい門出を応援するための贈りもののことですが、「引っ越し祝い」は 中古の一戸建てや中古マンションを購入した場合、「新築祝い」は 新しく家を建てたり、新品のマンションを購入した場合に贈ります。

賃貸への引っ越しの場合は、基本的にお祝いの品を贈る必要はありませんが、最近は仲のいい方が賃貸へ引っ越しする際もプレゼントを贈る風習があります。

マナーを知る

お相手との関係にもよりますが、引っ越し祝い・新築祝いの相場は、5,000円~1万円ほど。
家族や親戚、職場の部下に贈る場合は、1~3万円程度のギフトを選ぶ方が多いようです。

引っ越し後はなにかと物入りのときですので、親しい間柄の方には、お祝い金や 金券などを贈れば必要なものを手に入れやすく、喜ばれやすいかもしれません。
ただし、目上の方に現金や金券を贈るのは失礼にあたりますので、避けるのが無難です。

贈るタイミングは、引っ越し後1~2か月以内がベスト。
引っ越し前に贈ると引っ越し時に荷物になってしまい、あまり遅くに贈ってもお祝いの気持ちが伝わりにくくなってしまいます。
引っ越し先の住所と、引っ越し日は事前にしっかり確認し、ギフトを用意しましょう。

マナーを知る
贈る品を知る

引っ越し直後は片付けがいそがしい日が続き、買いものや料理がまともにできないことがあります。
そのため、すぐに食べられる「食品」や「グルメギフト」があると重宝するでしょう。
タオルや洗剤などは他の方からの贈りものと被る可能性がありますが、いくつあっても困らない「生活用品」なので、喜んで受け取ってもらえます。

インテリアや食器を贈る場合は、奇抜なデザインのものより、どんな部屋にも合いやすいシンプルなものを選ぶのがオススメ。
また、サイズが大きすぎるものは置き場所や収納に困ってしまうので、できるだけコンパクトなものを選ぶとよいでしょう。

「本当に必要なものをプレゼントしたい」という場合は、事前に相手にリクエストを伺ったり、欲しいものをご自身で選べる『カタログギフト』を贈るのもオススメです。

贈る品を知る

また、下記の品は、引っ越し祝いや新築祝いには贈ってはいけないとされていますので、注意が必要です。

■火を連想させるもの
灰皿やキャンドル、コンロなどの火を使うものや 赤色のアイテムは、火事を連想させるため引っ越し祝い・新築祝いには向かないとされています。
赤色が少し入っているくらいなら問題ありませんが、マナーとして押さえておいた方がいいでしょう。

■踏んで使うもの
上司への引っ越し祝い・新築祝いには、敷物やスリッパなど「踏みつけて使うもの」は避けましょう。そんなつもりはなくとも「あなたを踏み台にします」という意味に取れるため、控えたほうが無難です。

■家を傷つけるもの
新築祝いの場合は特に、せっかくの新居を傷つけてしまうようなものは注意が必要です。
柱や壁に穴を開けないと使えない 壁飾りや絵画、壁掛け時計などは、本人の要望がない限りは避けたほうがいいでしょう。

価格相場を知る

「プレゼントを贈る相手との関係」によって、おおよその価格相場があります。
あくまで相場なので参考程度ですが、この価格帯で贈れば高すぎる・安すぎると受け止められることはないはずです。せっかくの新生活を気持ちよく送ってもらうために、ぜひ、価格相場を目安に贈る品を選んでみてください。

▼友人の場合
知り合い程度の友人なら、3,000円ほどでオシャレなものを贈るのがオススメ。
特に仲のよい友人の場合は、1万円ほどで相手が喜んでくれるプレゼントは何かを考えて決めるといいでしょう。

▼会社の同僚の場合
上司にしろ部下にしろ、今後のいい関係を築くためにも、5,000円~1万円を予算にしっかりマナーを抑えて素敵な引っ越し祝いを選んであげましょう。

▼兄弟・姉妹の場合
兄弟・姉妹への引っ越し祝いは高すぎる必要もないですが、それなりの高級感があるものを選んであげるのがオススメです。5,000円~3万円ほどで、相手の好みに合わせて選びましょう。

▼両親・親戚の場合
1万円〜10万円ほどで、とっておきの引っ越し祝いを贈ってあげましょう。
新生活に必要なもので、比較的高価なものがオススメ。
ただ、家電など大きなお買いものをする場合は、すでにご自身で購入されている可能性もあるので、事前に確認を取ると安心です。