結婚祝いの選び方、おすすめ|HYACCA

¥10,000(税別)以上で送料無料

マナー・基礎編

マナー・基礎編

結婚おめでとうの気持ちを込めて贈る、結婚祝い。
大切な友人や家族、同僚の
新たな門出をお祝いするギフトだからこそ
記憶に残る素敵なものを贈りましょう。

結婚祝いとは

意味を知る

結婚祝いとは、結婚した または 結婚が決まったおふたりに、お祝いの気持ちを込めて贈るプレゼントのこと。披露宴に出席する場合、ご祝儀の一部が 結婚祝いという扱いになります。

「結婚式はまだ未定みたいだけど、先にお祝いしてあげたい」
「式には出席できないけれど、お祝いしたい」
「とても仲のいい友人だから 式にも参列するけどプレゼントも贈りたい」

上記のような場合に、結婚祝いを贈ります。

意味を知る
マナーを知る

結婚祝いを贈るタイミングは、結婚式の前後1か月~2か月以内 または 結婚報告を受けてから1か月以内がベスト。
結婚式をするかしないか、参列するかしないかでも異なります。いずれにしても、間延びしないタイミングで贈るのがオススメです。

お祝いごとなので、お渡しするタイミングは「仏滅」や「赤口」の日は、できるだけ避けましょう。オススメは、縁起のよい日とされる「大安」や「先勝」などの吉日の午前中です。

贈り方は、手渡しでも配送でも問題ありませんが、手渡しの場合は、重たいものは持ち帰りが負担になるので、配送を手配した方が親切です。

配送の場合、入籍前後に引っ越しをするカップルが多いので、事前に住所と引っ越しの日を確認してから、引っ越し先に贈るようにしましょう。また、長期不在となる新婚旅行中にも被らないよう、事前に日程を聞いておくと安心です。

贈る品の金額は、自分が先に結婚していて相手の方から結婚祝いをいただいた場合は、そちらと同じくらいの金額のものをプレゼントすることがマナー。相手に気を遣わせない贈りものを選びましょう。

贈る品を知る

おふたりの結婚をお祝いして贈るプレゼントなので新生活の助けとなるものや、結婚の記念になるものが喜ばれます。

何を贈ったら良いか悩む場合は、新生活でまだ購入していないもの等のリクエストを聞いたり、自分では買わない少し高額な日用品がオススメです。

例えば…

■ふたりで使えるもの
一番の王道は、「ペアの器」や「夫婦箸」など、ふたりで使えるもの。
バリエーションも豊富ですし、何より結婚祝いらしさのあるプレゼントになります。
新郎 または 新婦とお会いしたことがなくても贈りやすく「ふたりで仲良く使ってね」という想いがしっかり伝わります。

■ふたりの好み・趣味に関係するもの
お酒好きなふたりには上質なロックグラスを贈るなど、好み・趣味をよく知っている人にしかできないプレゼントは記憶にも残りやすい、特別な結婚祝いになります。

■ふたりの新生活を応援するもの
毎日の生活をちょっと豊かにしてくれるような家事用品や キッチン用品も喜ばれます。
コーヒーメーカーや、ちょっと高級なカトラリーなど、ふたりで過ごす時間がもっと充実しそうなアイテムを選ぶとよいでしょう。

かつては、「切れる・こわれる」などを連想させる刃物や磁器、ナイフなどは結婚祝い品としてタブーとされていましたが、現在はそれほど気にすることはありません。ただし、贈る相手によっては気にする方もいますので気をつけましょう。

また、お祝いごとのギフトの個数は、奇数が基本。偶数は、仏事で使用されることが多いので、注意が必要です。ただ、ペアや半ダース、1ダースは1組と考えますので、問題ないとされています。

贈る品を知る
価格相場を知る

「プレゼントを贈る相手との関係」によって、おおよその価格相場があります。また、披露宴に出席するか・欠席するかによっても、結婚祝いの金額相場は変化します。これは、ご祝儀に「お祝い金」が含まれていると考えられるためです。

ご友人や同僚の方で、披露宴に出席する場合は、3,000円~1万円程度のプレゼントを選ぶことが一般的です。兄弟姉妹や親戚の場合は少し金額が上がり、1万円~3万円程度の予算となります。また、披露宴に出席しない場合は、出席する場合に比べて結婚祝いの金額がやや高額になる場合が多いようです。

また、あまりに高額な結婚祝いのプレゼントを贈ると、内祝い(お返し)のときに新郎新婦の負担になってしまうことも…。

新郎新婦に気を遣わせてしまう可能性がありますので、高額なお祝い品を贈る場合は「お返しは気にしないでね」とひと言添えるなどの配慮があると安心していただけます。